プロフィール

6月20日兵庫県生まれ、ふたご座のAB型。

 

同志社高等学校、大阪音楽大学を経て同大学院修了。奨学金を得て渡蘭、高名なバリトン歌手マックス・ファン・エグモント氏の元で研鑽を積む。

 

バッハの教会・世俗カンタータ、《マタイ受難曲》、《ヨハネ受難曲》、《マニフィカト》、ヘンデル《メサイア》、シャルパンティエ《テ・デウム》、ハイドン《天地創造》、モーツァルト《レクイエム》、ベートーヴェン《交響曲第9番》、フォーレ《レクイエム》などのバリトン・バス独唱を務める。中でも、2014年10月C. P. E. バッハ《マタイ受難曲》のイエス役(於、いずみホール)は音楽之友誌上でも「充実の歌唱」、と評を得た。

 

舞台では『フィガロの結婚』フィガロ、『ドン・ジョヴァンニ』マゼット、『魔笛』弁者、パパゲーノ、『宮廷楽師長』宮廷楽師長、『ヘンゼルとグレーテル』ペーター、『電話』ベン、『カルメン』エスカミリオ、ダンカイロ、『こうもり』アイゼンシュタイン、ファルケ、『天国と地獄』プリュトンなど主要キャストで出演。2015年にはブロードウェイミュージカル『二都物語』(新国立劇場・オリックス劇場)主演シドニー・カートン役で新境地を開拓。

一方指揮者としても活動の幅を拡げ、バッハ《マタイ受難曲》、《ヨハネ受難曲》、《ロ短調ミサ》、《クリスマスオラトリオ》、ヘンデル《メサイア》、モーツァルト《レクイエム》、《ハ短調ミサ》など声楽作品を中心に、『コジ・ファン・トゥッテ』、『こうもり』、『ヘンゼルとグレーテル』など舞台作品、合唱、管弦楽、吹奏楽と幅広いレパートリーを持つ。2013年11月のベートーヴェン《交響曲第9番》は「爽やかな中に熱いものがこみ上げてくる名演」と評された。

 

音楽家としての枠を超え、2015年8月にはスメタナ「わが祖国」(於、フェスティバルホール)公演で、その音楽に込められたストーリーを作曲者スメタナを演じながら朗読。聴衆からの絶賛と大きな成功を収めた。

 

2017年-2019年にはKBS京都テレビ「おやかまっさん」レギュラーをつとめたほか、FM Osaka「くらこれ!」などラジオ、テレビ、Ustreamで演奏や軽妙なトークが放送されている。



これまでに玉木康之、蔵田裕行、森池日佐子、新川和孝、田中勉、本山秀毅ら諸氏に師事。

 

アンサンブル・フロット主宰、大阪音楽大学演奏員、ムジカヴィーヴァいしばし寺子屋クリアーレ各講師、日本指揮者協会会員、エトワール21合唱団指揮者。

© 2016 by Nobukazu Takamagari all rights reserved.

  • Twitter Clean